食べる花

【美しいお花を おいしく召し上がれ!】

オーガニックフラワー農園が“味”と”美しさ”にこだわった「お花のドレッシング」

皆様、「おいしいお花」を食べたことはありますか?
無化学農薬、無化学肥料で栽培された花(オーガニックフラワー)農園からオーガニックフラワードレッシング

花の美しさを損なわずにおいしく召し上がって頂くために、3年の時間を掛けてオーガニック花の加工食品の研究からうまれた栄養価が豊富なカレンジュラというお花の健康ドレッシングです。

健康に贈り物に、お花のドレッシングはいかがでしょうか!

今回はエディブルフラワー(食べる花)って聞いたことがありますか?ヨーロッパなどでは「お花を食べる」知名度がございますが、国内では一部の方にしかまだ認知されておりません。今後国内にも広まる商品の一つです。

軽井沢など別荘地の高級な地域では今や当たりまえと認知されております、ウェルカムフラワーといってご来店のお客様に花を食していただく文化がございます。

 

はじめに

皆様、突然ですが「食べるお花」と聞いてどんなイメージをされますか?
お刺身に添えられている菊のお花ぐらいではないでしょうか。
今回、私が商品化を進める「お花のドレッシング」は、見た目の美しさだけでなく、
きちんと「味」にもこだわった「おいしいお花」です。

生産者紹介

皆様こんにちは。私は長野県の佐久市で「Suki Flower Farm」を営んでおります鈴木義啓と申します。
私は東京生まれの東京育ちで、普通のサラリーマン家庭で育ちました。たまたま叔父が花屋を営んでいたこともあり、子供の頃から花や植物が大好きでした。
東京の大学を卒業後、サラリーマンとして働きましたが、積年の夢であった「花の農園」を開設したいと一念発起し、2002年に長野県佐久市へ移住し、2004年に念願だった花の農園「Suki Flower Farm」を開設しています。いわゆる新規就農者です。

このドレッシングの使用されている「カレンジュラ」というお花ですが、生で食す場合やはり、お花なので花のエグ味(苦味?)があり、なかなか食べるには味の抵抗があります。

これをドレッシングにすることで見事美味しくヘルシーを成功させた商品になっております。

栄養価は通常野菜のなかでも栄養価が豊富なのがパセリですが特にビタミンAを始め栄養価が高いのですが同じ量で約2倍くらいの栄養が摂取できます。また、人参なら約4倍と栄養価の比較表は下記のリンクからも参照いただけます。

 エディブルフラワーの栄養価を記した参考サイトをご紹介します。 http://www.pepian.com/nutritivevalue.htm

 お花のドレッシングは、人口1300人ほどの小さな村、群馬県上野村の村営食品加工場で製造しています。

身をもって痛感した「農薬」の怖さ

私は農業経験者ではなかったので、最初は花の農家のもとで技術研修を受けたのですが、美しい花を育てるためには、たくさんの農薬を使用することを知りました。しかし研修時代の後半に、土壌の殺菌(土壌消毒)の際に使用する農薬で薬害を被り、それ以降は強い薬品を身体が受け付けなくなりました。

農薬を使用することなく、美しい花を育てるにはどうすれば良いのか?
美しい野菜を育てていた有機農業の生産者のもとで土づくりを学び、土壌診断のスペシャリストに毎月検体を送り調査分析し、健全育成された花の栽培技術を追求してきました。

当園の花は無化学農薬、無化学肥料で育てられた有機栽培花(オーガニックフラワー)で、日本ではその先駆けの農園として花業界では広く知られています。オーガニックフラワーは未だに希少ですが、ファンは確実に増えています。

「五感で楽しむ花」を目指して

当園の理念の一つに、「五感で楽しむ花を皆様に」というものがあります。

花は美しいものですが、見て楽しみ、香りを楽しむのみならず、味わって楽しむことも目指しています。そして、花の新しい価値を伝え、一人でも多くの花のファンを増やしたいと願っています。
本プロジェクトのお花のドレッシングは、見た目にもとても美しいもので、贈る人も贈られる人もアメイジングな喜びを感じていただけることかと思います。
今年の母の日は5月10日です。その日に向けて、お花のドレッシングのデビューを目指します。

皆様からのご支援は、研究してきたお花のドレッシングの商品化に向けて必要なコストの不足分(瓶、キャップ、シール、原材料、栽培管理など)に使わせていただきます。

【美しいお花を おいしく召し上がれ!】

これは当園が立ち上げた花の食品加工ブランド「Flower KISS」です。
季節の美しくおいしい花を、「Flower KISS」ブランドとして年間を通して皆様にご提供していくことが今後10年間の目標です。

栄養価の高い花「カレンジュラ」を使用

お花のドレッシングに使われている花はカレンジュラです。オレンジとイエローの2種類の花びらを使用しています。

カレンジュラの栄養特性としては、ビタミンA(βカロテン)の含有量がひときわ高く、同量のパセリやニンジン、ホウレンソウよりも豊富です。またカレンジュラは肌に優しい自然派化粧品としても活用されています。

花が料理にもたらす意外な「効果」

カレンジュラから抽出される成分、料理で言う所の「ダシ」は、酢の酸味を優しくマイルドにしてくれます。
また生食では少し苦味がありますが、ドレッシングとして漬かっている間に抜けて食べやすくなります。
ここで、花の「ダシ」の種類について、少しご説明したいと思います。
【Aタイプ:花の抽出成分により、他の食材の味に大きく影響を及ぼす。】
例)バラ、カーネーションなど
Aタイプの花は香り成分が強く、また糖質の豊富な花となります。例えば甘い果物にカーネーションを加えると、カーネーション独特のスパイシーな成分が果物に加わり、大人なスイーツに生まれ変わります。
【Bタイプ:花の抽出成分により、生食で感じられる苦味やエグ味が抜けて、花そのものがおいしく食べられる。】
例)カレンジュラ、パンジー、コスモスなど
Bタイプの花は、生では食べにくいけれども栄養価の高い食材をおいしく調理していただけます。特にカレンジュラは酢や油との相性が良いので、ドレッシングに最適な素材と言えます。
カレンジュラから抽出される透明感溢れるゴールドのエキスと、酢と油の間をひらひらと漂うカレンジュラの花びらは、それだけで一つの芸術オブジェのように美しいです。手にとられた方は、まずその美しさに感動を覚えることでしょう! そしてお花のドレッシングを使えば、食材が色艶やかになり、食欲が増します。
このように様々な花を使うことで、新しい味や美しさに挑戦することができます。それこそが「Flower KISS」の目指すところです。花の可能性は無限大です。「お花」は料理に色んな効果をもたらしてくれます。

添加物を一切使用しないオーガニックスタイルのドレッシング

ドレッシングの素材にもこだわっています。精選された食用油とリンゴ酢を主成分とし、通常のドレッシングよりリンゴ酢の割合を増やしています。酸味をやや強く仕上げていますが、油を控えめにすることで健康志向のドレッシングとなっています。
味付けは白醤油、塩、コショウのシンプルな素材を用い、有機栽培のタマネギをスパイス味として加えています。そしてカレンジュラです。
増粘剤などの添加物を一切使用していない、オーガニックスタイルのドレッシングです。そのため酢と油の分離が市販のドレッシングと比べると段違いに早いです。
ご使用の際には、「シャカシャカ」と勢い良く振って混ぜてください。細かい気泡で満たされるくらいになると良く混ざった状態です。またカレンジュラの花びらをサラダなどに綺麗に盛りつけたい場合には、別の器に移してからスプーンで掛けていただくことをお勧めします。

手間隙かけたこだわりのハンドメイド

お花のドレッシングは、人口1300人ほどの小さな村、群馬県上野村の村営食品加工場で製造しています。
Suki Flower Farmの所在する長野県佐久市と、加工場のある群馬県上野村は、県境である妙義荒船佐久高原国定公園を挟んで立地しています。
なぜ私がこの小さな村の小さな加工場でドレッシングを作りたいと考えたのか。
それは距離が近いこともありますが、一番はお互いがハンドメイドな作業ペースで仕事ができると考えたからです。
私は収穫した花びらを一輪一輪、手作業で裁断しています。そして加工場では一瓶一瓶、手作業でドレッシングを作っています。大きな食品工場では真似できない手間隙掛けて製造するからこそ、花の美しさをそのままにアメイジングな新食材が生まれるのです。

気になるカロリーや成分は??

1食を15mlくらいのご利用をお勧めします。
それだと10回のご利用が可能って感じになります。
その場合、1食あたり64kcalとなります。
カロリーは、マヨネーズの約1/2(半分)くらいにあたります。

ただ、純粋のサラダ油なので通常のドレッシングと同等、

カロリー抑えめが目的で製造された他社製品よりは少しあるくらいです。

比較参考サイトがありましたのでこちらをご覧下さい。

またこちらは検査結果です。

余計なものを入れていない証拠として、

食塩の量は非常に少ないです。15mlで比較すれば、「FLOWER KISS」は1食あたり0.26gで、
主要メーカーの減塩ドレッシングものよりも少ないです。
平均的なドレッシングの1/3〜1/4の食塩(ナトリウム量)となります。

大雪被害による危機を、新しい分野開拓で乗り越えたい

2014年2月14日から15日に掛けての大雪で、私の住む佐久市でも被害を受けています。
当園も栽培施設の2/3が全倒壊しています。昨年度の売上げ実績は例年の半分にまで落ち込みましたが、今回のプロジェクトを機に花の食品加工の分野を立ち上げ、未来に向けて成長、発展していきたいと考えます。

この新しい夢は、苦しんでいた私に農業を継続していくモチベーションになりました。

母の日ギフトに最適なリワードを用意

 
母の日やイベントにヘルシーなご家庭の食卓にオフィスにヘルシー高級「お花のドレッシング」はいかがでしょうか?
通常小売価格 2,000円(税・送料別)
2本セット3,600円(税、送料別)
 
●「お花ドレッシング」と「生花&ハーブサラダ」のセット5,000円(現在販売終了中、時期予約受付中)
お花のドレッシングと「生花&ハーブのサラダ」のセットをご用意してみました。 食べられる花とハーブのブーケは、いつものサラダに華やかな彩りを加えてくれます。ぜひお花のドレッシングを掛けてお召し上がりください。(詳しいお召し上がり方の説明書も同梱いたします)
・母の日向けギフト包装と、ご自宅向け簡易包装のセットをご用意しています。驚きと感動のギフトになると思います。
<お届けするハーブの例> ミント類、ローズマリー、ローリエ、フェンネル、オレガノ、カモミール、レモングラス、タイム、レモンバーム、カレンジュラ、ビオラなど。時期により入れ替わりがございます。
●母の日ギフトに最適!「カーネーション入り花束」のセット
そして、母の日ギフトと言えばカーネーションということで、お花のドレッシングと「カーネーション入り花束」のセットもご用意しています。ご自宅向けには、お花のドレッシングと「季節の花束」のセットをご用意しています。詳しくはお問い合わせください。
 

弊社★★スターフラワー★★では企画型販売代理店としてお花を使った企画型の商品活用先様を募集しております。

飲食店、ギフト業、ウェディング業、オーガニックショップ、旅館、観光施設、その他美容、健康業界様など異業種様からのご相談をお待ちしております。弊社パートナー様とのコラボで今後エディブルフラワーを国内及び海外への発信をさせていただきます。こちらの製品は既に大手生花店、リゾートグループ店などのお取り扱いも予定されており、新商品とともに皆様に観賞用のお花としてだけでなく皆様の健康と心からの幸せをお花を通じて感じていただけれと思います。

最後にSUKI FLOWER FARM代表 鈴木様より

私が花の世界と関わり始めたのは2002年からですが、花を生産をする農家は高齢化のため年々減少し、花の業界は「斜陽産業」と位置づけられています。

それでも私は花の世界に身を置き、花業界に育ててもらった人間です。そんな花業界にどう恩返しができるのか、私なりに考えてきた解答が「Flower KISS」を立ち上げ、花の新しい価値や楽しみをご提供することで、新たな花のファンを獲得し、やっぱり花っていいよね!とお花屋さんに立ち寄っていただければ、というものでした。
お花のドレッシングの殆どが「町」のお花屋さんに並ぶことになります。もしお花屋さんで「お花のドレッシング」を見掛けることがあれば、あの時の!と思い出していただければ幸いです Suki Flower Farm 鈴木 義啓